>

アイディア次第で大活躍する段ボールをリサイクルしてできるもの

アイディア次第で使いこなしができる段ボールのリサイクル法

加工のしやすさは抜群で色々な使い道がある

そして段ボールの一番の特徴になっている加工のしやすさについてですが、もともとが紙素材を使用しているため特殊な製法で工夫して作られている段ボールは強度があるにもかかわらず切ったり折り曲げたりという加工が簡単にできますので、単に箱としての段ボールの目的以外の用途のものに作り替えることができます。
さらにガムテープなどの接着用品の活用で自在の形に変えることができるのでインテリア用品やサイズの小さいものの収納グッズなど加工次第でいろいろなものに変身させることが可能です。
こういった加工の自由さはプラスチックや金属、木材など他の素材にはできないことで段ボールの天然素材としての長所が存分に発揮されることになります。

リサイクルに使うことで用途が広がる

また最近はリサイクルの考え方もかなり進んだものになってきていて、アップサイクルと言う使い終えたものを別のものに加工するだけでなく新しい価値をもったものに再生するといった考え方が盛んになってきており、段ボールはまさにアップサイクルにうってつけの素材といえます。
たとえば企業デザインの入った段ボールのデザインをあえて生かして、小物入れや収納ボックスなどにファッショナブルに加工してしまうとか野外フェスなどで活躍するテントも防水加工を施せば本物のテントに負けない豪華なテントが出来上がります。
さらには災害などの緊急時にも段ボールは活躍し、避難所では段ボールを使ったベッドまで作ることができますので避難している人々の急場の生活を頼もしくサポートしています。


この記事をシェアする