>

アイディア次第で大活躍する段ボールをリサイクルしてできるもの

活用したいのだがついついゴミに出してしまうことの多い段ボール

その割には意外と活用されていない

しかし非常に便利で使いやすくアレンジも自由な素材の割には一般家庭の中では意外と活用の場が少ないような気がします。
終始荷物の梱包や家の備品の収納ばかりに使われているようで、他の工夫された用途に利用されている例はあまり見ることがないと感じられます。
切り出して加工をすれば本来の目的以外の用途に使えるものとして無限大に可能性は広がるのですが、そこまで発想を飛ばして活用できる人はまだまだ少ないようで、段ボールという素材の良さをうまく生かし切れていない人がほとんどなのではないかと思います。
さらに段ボールを購入してまで活用しようという人はほとんどいないので、もらってくると業務用の企業デザインが入ったものになってしまいインテリアとしてもあわないとみる人が多く、工夫してまで使おうという人がいないのも現状です。

資源ごみや雑がみに出されやすいのが現状

よって結局はゴミとして出してしまうことが多いのも悩みどころで、段ボールはリサイクルが可能な素材なので資源ごみとして扱われるものなのですが、大型ごみや雑がみとして間違って出してしまう人が非常に多く、結構な問題になっています。
ゴミに出さずに家庭での工夫した利用方法を考えていけばもっとリサイクルの意味で段ボールの生かされる用途が増えると思いますし、エコな活用法が見つかるはずです。
さらにダンボールは天然素材ですので、人間の健康にも害がないですし子供などがふれたりしても安心して触らせることができます。
そういった環境にやさしい素材をもっとどんどん利用し活用していくことが地球環境の保護にもつながっていきます。


この記事をシェアする