>

アイディア次第で大活躍する段ボールをリサイクルしてできるもの

生活の中で大活躍している段ボールをリサイクルしてできる物とは

普段の生活のなかで活躍している段ボール

意外と普段の暮らしの中では気が付かないものですが、地味なところで非常に便利で役に立っているものが段ボールたちの存在です。
目立つところでは引越しの荷物の梱包などが思い出されますが、他にもいろいろ使えるのが魅力の点で、宅配で荷物を送るときの梱包や、収納ボックス代わりにちょっとした整理しきれないものを収納して整理したりすることができます。
おもに収納を目的とした用途に活用できるのが段ボールの特徴ですが原料が紙なのに耐久性も高いところが大きな利点になっており、何段にも重ねて収納したりとか、本やレコードなど数が多くなるととても重いものの収納管理に向いています。
このように何気に気が付かないようですが意外とわれわれの生活に密着したところで段ボールは活躍しています。

自由な利用方法でいろいろなことに使える

段ボールはもともとが紙材質なので生産コストが非常に安いことと、構造が工夫されていて重さに強いこと、さらには切って加工などがしやすいので自由な利用方法が可能になるところが大きな特徴といえます。
加工が自由なので収納だけに限らずいろいろなことに使えるのが段ボールの強みで、他の用途のものに作り替えることも不可能ではありません。
これだけ耐久性があって重さにも強く、加工も自由に可能な素材はあたりを見回してもなかなか無いように思います。
ですので一般家庭用以外にも業務用としても利用されており、宅配業者や流通業、引っ越し業界では必需品となっていますし、業種によってはこれがないと仕事にならないという業種もあるようです。


この記事をシェアする